フコイダンのご紹介

フコイダンという成分は、最近いろいろな商品に含まれていますが、どのような成分なのでしょう。フコイダンとは1931年にスウェーデンの教授により、昆布のぬめり成分の中から発見されたのです。最初はフコイジンと言われていましたが、国際糖質命名規約によりフコイダンというネーミングになりました。わたしたちにも馴染みのあるコンブ、ワカメ、メカブ、モズク、アカモクなどの褐藻類にだけ含まれている、ぬめり成分に含まれる硫酸多糖のことを言います。いわゆる海草のネバネバ成分に多く含まれている、水溶性食物繊維の一種なのです。

フコイダンにさまざまな効果があることから、多くの学者や関連機関などによって研究が行われています。特にモズク由来のフコイダンはモズク中の含有量がとても多いという特徴があり、またコンブ由来のフコイダンは粘りが強く抗腫瘍効果が特徴です。それぞれのフコイダンには特徴があり、それらを幾種類か合わせることで効果の高いフコイダンとして利用することもできます。

期待されているフコイダンの効果としては、血液凝固阻止作用、コレステロール低下作用、血液上昇を抑える作用、血糖値の上昇を抑える働き、抗潰瘍、抗癌細胞抑制作用、抗ピロリ菌などによる不快感改善。他にも花粉症やアトピーなどのアレルギー緩和作用も。他にも肥満抑制や腸内環境向上、便秘解消、美肌作用などにも高い効果があると言われています。他にも育毛作用や抗HIV作用など、まだまだ研究中のものもたくさんあります。