胃腸との関係

フコイダンはさまざまな健康への働きがあることでも注目されています。その中でも胃腸にかかわる効果についてのご紹介です。胃潰瘍や十二指腸、胃がんの原因にもなると言われているピロリ菌ですが、フコイダンによってピロリ菌を除菌できるという研究報告が発表されています。フコイダンの構成成分の1つである硫酸基もピロリ菌も胃粘膜に存在。

ピロリ菌はこの硫酸基が大好物であり、吸いつく性質があります。つまりフコイダンはピロリ菌を殺菌するのではなく、吸い付けてそのまま腸内に流してしまうという働きがあるのです。毎日フコイダンを摂取していると胃の中のピロリ菌は、どんどん減少していくということに。フコイダンを毎日摂取して胃の調子が良くなったと感じる人は、ピロリ菌が多く生存していたのかも知れません。

もう一つ、水溶性食物繊維であるフコイダンは、腸内にこびりついたり詰まっている便をツルンとスムーズに排出を促します。腸内には免疫細胞が集まっており、腸内環境を良い状態にすることはとても大切です。その中でも体内のパトロールをしているナチュラルキラー細胞や、マクロファージなどを活性化させる働きがあります。特にナチュラルキラー細胞の活性が高まることで、風邪やインフルエンザから体を守り、アレルギー予防や癌予防にも働くのです。